読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たからものさがし

日本の地域に根付いたよいモノ・コトを自分のフィルターを通じて記していきます。

唐津グルメ

唐津というのは食の文化が発達している」とも昔から聞いていました。グルメ本なら福岡版、ではなく「福岡•唐津」版だ、と。今はミシュランも放っておかなくなりましたが、グルメじゃないわたしも気になるお店がたくさん。短い滞在ではとても回りきれません。
f:id:tomokotrip:20150614185751j:plain



坂本さんにランチに連れていっていただいたのは明治初期創業の竹屋。
f:id:tomokotrip:20150614113647j:plain
登録有形文化財に指定されている木造三階建ての凛とした佇まいです。
でも中に入ると、格式ばったところがなく、気さくな接客と雰囲気が和ませます。
f:id:tomokotrip:20150614120243j:plain
鰻重よりここでは鰻丼だそうです。パリッとした鰻が香ばしく、なんとも言えない粋な感じで、真夏に恋しくなりそうです。
洋々閣の女将さんが「唐津人は大らかでそんなに欲を持たず、宵越しのお金をもたない、という気質がある」と仰っていましたがこのお店の雰囲気と味に東京の下町を思い出しました。

今回あまり試せなかったのですが、唐津はスイーツも充実しています。
竹屋さんもある町の中心部には気になるお店がいっぱい。
坂本さんおすすめの池田屋のくず饅頭。
f:id:tomokotrip:20150614123838j:plain
出来立てのぷるっぷるで食感がなんとも言えず。これも夏にさらに恋しくなりそう。
f:id:tomokotrip:20150614124053j:plain

池田屋さんはカキ氷が美味しいそうで、名物いきなり団子も気になります。

f:id:tomokotrip:20150614124255j:plain
そしてとても気になるのがツルヤのカステラとマカロン
f:id:tomokotrip:20150614124702j:plain
どう考えても持ち帰りが無理で諦めたのですが、カステラは日本一との噂も。マカロンは50年以上作り続けるロールケーキだそうですが、あのマカロンの味がするそうです。

こういう土地の人に愛されてきた地元スイーツ巡りはキュンキュンします。
唐津焼でこんなスイーツやグルメを出してくれたら街あるきがもっと楽しくなる、と思っていたら、坂本さんが実行されている「やきもん祭り」で実践されているそうです。
唐津焼と和菓子、ワイン、日本酒。。町のいたるところでコラボしていて楽しそう。唐津ならではのグルメを食せるだけでなく、窯元作家とお店で交流できるのも素晴らしいです。

そして夜は、ミシュランにも掲載のステーキ屋さん「キャラバン」。佐賀牛伊万里牛の評判を聞きつけて全国からグルメが訪れる名店です。
サラダやコーヒーがセットなっていて、唐津焼のうつわで出してくれるのも嬉しい。
f:id:tomokotrip:20150614131350j:plain
f:id:tomokotrip:20150614131507j:plain
f:id:tomokotrip:20150614131410j:plain
このお肉を塩ひとつまみ食べるのがポイント。
実はこの時具合がすこぶる悪く、お肉はだめかも、残したらどうしよう、と心配だったのですが、重くなく、ペロリと食べてしまいました。
f:id:tomokotrip:20150614180424j:plain

このお店は美味しいだけではなく、店主のキャラクターと絶妙なトークも魅力です。
観光ガイドには載っていない、唐津の歴史や見どころをお客さんに惜しげもなく伝えます。
とてもお忙しいのに時間あれば海外から来たお客様などを案内する、というフレキシブルさ。本当に唐津が大好きなのです。
ここで食べながらお話を聴いて、翌日はそれをもとに唐津をめぐる、というのが本当のおすすめかもしれません。

そして坂本さんのご紹介できた私にも気を使ってくださり
カウンター越しに
「明日はどこに行くか?」「これからどう九州をまわるか?」という質問。私があまりにも考えてないこと、そして呼子へ今回行かないことがわかると、「明日定休日だから唐津を案内する」と。
せっかくのお休みだし、遠慮したのですが、
結局は乗っかってしまうのでした。
そこでまだまだ唐津の魅力を知ることになったのです…