各地の魅力再発見 〜縁旅・街で暮らす人のおすすめを旅する〜 

これからの旅は地元の人に出会う旅。ちょっと先駆けてその街で暮らす人に案内してもらい、各地の魅力を外目線で発見していきます。

【東京めぐり】無人な古本屋に行ってみる

f:id:tomokotrip:20190627195215j:image三鷹に「24時間営業の無人な古本屋さん」があり地域の取り組みのお手本になっていると聞いて、なにごとも百聞は一見の信条のため、通院帰りにそそくさと行ってきました。ブックカフェの企画を経験し、本屋色々が自分の中でブームだったのもあります。


JR三鷹駅から歩いて12~3分、シャッターも目立つけれども人通りも多い商店街の中に、目を凝らさないと見逃すような2坪の空間。看板もなし。

f:id:tomokotrip:20190627195041j:image
f:id:tomokotrip:20190627195037j:image

 

中には無機質な本棚が6つ。

f:id:tomokotrip:20190627195114j:image

本の並びはジャンルが分かれているようで、分かれていない。ジャンル別の表示もない。でもなぜか、あたたかな感じもします。

ほんわかしたパネルで利用の仕方を理解。

f:id:tomokotrip:20190627195158j:image


お会計はガチャガチャ。本の裏面に表示された金額をガチャガチャに入れて、カプセルの中に入れてあるビニール袋に入れて帰ってね、というもの。

f:id:tomokotrip:20190627195215j:image

人と人が触れ合う、思いを伝える、というのがお腹いっぱいなほど世の中の主流になっている中、これはこれで押し付けがましくなく、逆にいい!とおもいました。本好きなIT社員が副業としてスペースを作り、近所の人がそっと本を置いて行ったり、備え付けの木箱にお手紙が入ってたりするという。

人と人が直接合わなくても繋がり方ってあるし、何より人のコストに悩む時には良いスタイル。古本屋さんで座っている店主に逆に話かけづらいからお店に入れないこともあるし。

本を通して、空間を通して、繋がる。色んな展開のヒントになりそうです。

【萩津和野めぐり】萩雑感〜昭和の観光地から脱却するには〜

東京からのアクセスが悪めで縁遠く、やっとこれたはじめての萩&津和野。城下町、小京都のひとつであり一度は訪れたいと思っていた、イメージのよい2つの町。

しかし結論としては「知名度」「イメージ」と「現実」のギャップがあり、居場所がないような気持ちになりました。

以下、今回は珍しく案内もない、初心者として観光スポットをまわっただけので、ごく一部しかみてないこと前提でございます。

f:id:tomokotrip:20190429165120j:image

萩の町は城下町の面影を見事に色濃く残しています。海に面した町でかつての砂丘地の三角州上に武家屋敷、町人屋敷が碁盤目状に広がっていて、掘割がある細い道は風情あり、散策にはぴったり。武家屋敷には夏みかんの白い花とオレンジ実が鳴り、この地特有の情景が広がっています。

 

f:id:tomokotrip:20190429164540j:image

それに萩=長州藩世界遺産、日本遺産の宝庫。誰もが知る松下村塾だけでなく西洋に改革を急いだ足跡の反射炉や造船所跡、製鉄遺跡などまであって歴史好きにはたまらない。

f:id:tomokotrip:20190429164742j:image

町の中心部にある「萩博物館」や多くの歴史的人物を生んだ藩校「明倫館」内でも、明治維新の原動力となった長州藩出の人物を全面に出していて町にとって一番の財産、誇りであることが伺われます。当然です。2つの施設は市のものですが広大な敷地に県立レベルの建物で立派。

f:id:tomokotrip:20190429173239j:image

f:id:tomokotrip:20190429173447j:image

中にいるスタッフもサービス満点で、行政としても力を入れているのが伝わってきます。

歴史に疎い私でも、吉田松陰先生は別格なので生まれた場所をこの目でみて感じ、生い立ちや志の高さを知ることは大変面白かったのです。

f:id:tomokotrip:20190429210404j:image

しかしふと客観すると、松下村塾や博物館、メインの武家屋敷には大型バスや車が乗り付け昼間はわんさか人がいるのに、その他のエリアには観光客が見当たらない。。夕方近くになると、全体的に人がいない。

よくよく見ると中心地にも空き家がいっぱいあって萩の人もいなくて寂しい感じ。。

 

萩の中心部と思われる(萩は中心、というものがなくなってしまった、とのこと)アーケード商店街は新しくお店を開いている様子があるのに人もまばら。まあこれはよくある光景だけれど。。

f:id:tomokotrip:20190429174342j:image

そしてここからが本題です。

観光地として名高いのに、個人旅行客が気軽に入れるような夜ごはんのお店、居酒屋が、なかなか見当たらないのです。カフェ、しかり。当然モーニングもなし。

私の場合、予め地元の方におすすめを聞いて何軒か回ったのですが、逆に地元の人ばかりでわーーっと盛り上がっていて、なんだかとても入りづらい。入りやすい飲み屋やご飯屋さんが見つけられないで結局何十分も歩いてしまった。という経験はここだけではないのだけれど、なんというか、こんな長い間有名観光地なのに、個人観光光客の受け入れ体制が未だないのを実感せずにはいられませんでした。

 

それに飲み屋街近くに泊まったのに観光地にありがちな、いえあってほしい飲み歩きできるような界隈が見当たらない。古いスナックなどポツポツあるけれど、地元の方専用のような感じ。

こ、これは出張で来た方や観光客の飲んべえは楽しめるのか。。?

地元の方によると社会だからひとつのお店に何時間もいて車や代行で帰るから飲みあるきの習慣がなく、観光面でも団体客仕様だからホテルで食事をするから育たなかったとのこと。

しかしanan non-noで萩が取り上げられた昭和から女性の個人客はたくさんいたという。

f:id:tomokotrip:20190429215325j:image

一言で言えば、何十年もの間、個人観光客は困ってしまう、未だ昭和40年ー50年の萩津和野ブームを引きずった、「昭和的観光遺産」なのです。

現に日本全国津々浦々、もはやどこにでもいる外国人も、ここでは見当たらない!そんな観光地があるのかと驚きましたしこれはある意味貴重!

 

といっても、萩はイメージどおりよい町です。

風光明媚。穏やかな海が広がり、すぐそこになだらかな山々もあり自然豊か。色んな景色を楽しめる。漁港もありお魚も美味しい。

f:id:tomokotrip:20190429183933j:image

f:id:tomokotrip:20190429204407j:image

f:id:tomokotrip:20190430111326j:image

歴史は資産です。長州藩は確かに先駆的な教育でグローバルな視野を持つ偉人を輩出し、日本を近代化させてくれた。その人物は今も人々を魅了する。

でも遠い過去のことでもあります。歴史に触れながらも「今の」萩を見たいのです。遠い過去のことを勉強みたいに知るだけじゃ、頭がパンパンでおわってしまう。

f:id:tomokotrip:20190429214926j:image

普段興味のない歴史的スポットや人物の成り立ちを無理矢理読んで「行ってきた」という旅は、もう終焉しつつあります。家族や大切な人との思い出の旅としてはいいけれど、旅行も多様化。「浅草」を観に東京に行ってみたい、と思う日本人がどれだけいるのか。

 

萩のようなところはどうしたらよいか、と勝手に考えてしまう。

いきつく持論は、今の魅力の掘り起こしと地元の人と接する機会です。

f:id:tomokotrip:20190429204358j:image

結局この旅で残っているのは宿やカフェの人とお話しをしたこと。吉田松陰伊藤博文より、地元の人と萩のことやたわいもない話を通して価値観に触れたこと。

今そこに生きる人々を通して、その土地特有の歴史や暮らしを感じられるのが、これからの旅の主流のひとつだと確信してやみません。

f:id:tomokotrip:20190429215007j:image

その地域だからこそのコト、ヒトをどう伝えるか。

 

例えば、ですがこれ。

f:id:tomokotrip:20190429204403j:image

藩校だった「明倫館」のトイレ。こんなマークがあったら絶対に綺麗に整頓する。きちんと教育がなっているのは萩だから?(これどこにでもあるんだったら勘違い)。それにお恥ずかしながら車が通ってなかったので結構拡幅のある道路を横断していたら小学高学年と思われる男子に「危ないですよ」と叱られました!これはご立派、身分にかかわらず教育する松下村塾の名残か?と反省とともに無理矢理地域性と結びつけました。そういえば自転車こいでいたら小学生が「こんにちわ」と挨拶してくれました。そんな町は印象にのこります。

 

色々書いてきましたが、萩にもステキなゲストハウスができて外国人が泊まっていたり、今の萩を歴史だけでない視点で情報発信していらっしゃり、新しい息吹きが生まれています。地元の方の話をきくと長州ならではの気質とか財政とか色々根深そうみたいなんですが、歴史ある町は自負とともに素地ありパワーあり、何より町自体が魅力的。

 

ちなみに「萩石見空港」という名前なのに、需要がありそうな萩から空港への空港バスが存在せず、乗合タクシーというものに初めて乗りました。私もまだまだだ。。。

f:id:tomokotrip:20190429203840j:image

 

 それよりも強烈だった津和野のことはまたの機会に。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【萩津和野めぐり】萩のおいしいもの

観光地は行き尽くしているはずなのに、東京からのアクセスが微妙で行きそびれてはじめての萩。
毎度のこと宿が見つけられなくて萩の方に泣きつき、古くて安い、町の中心地にある宿を教えてもらう。

f:id:tomokotrip:20190429141650j:image

お部屋は清潔でわたし好み。

82歳になるというお肌つやつや、笑顔が優しいあかあさんが1人で切り盛り。

f:id:tomokotrip:20190429155557j:image

着いたとたん、おかあさんは何も聞いてないのにお「昼はここ、夜はここがおいしいからね」とおっしゃる。

これは乗らなきゃ、とたどり着いたごはんが久々の大ヒット。

f:id:tomokotrip:20190429143550j:image

市街から離れ越ヶ浜という海エリアにある「いそ満」。
魚がものすごい美味しいところで育ったので各地に行ってもひとさまよりは感動せず「やっぱり魚は三陸でしょう」と実は思っているのですが、久々にうなる。

透き通ったイカたっぷりのイカウニ丼、煮物も天ぷらも手が込んでいて1900円という、にしてはのお手頃価格。
すべては縁のある地元情報に尽きる!

 

こんな満足なものをお昼の遅い時間に食べたので夜は軽くと選んだのがご当地うどん。(そもそも旅人が入れるお店が少ない。。)

f:id:tomokotrip:20190429144936j:image

人気だという「肉うどん」にわかめおにぎり。うれしいのはテーブルに備え付けのどんぶりにてんこ盛りのネギを、自由にたっぷりかけられる!

「あったまればいいや」くらいにおもっていたら、

スープがとんでもなく美味しい。

わかめおにぎりはこの辺りの定番だそう。

山口県内に複数店舗を構え、東京、大阪にも出店するチェーン店「どんどん」、知らなかった。。

モーニングもやっているらしい。

f:id:tomokotrip:20190429145627j:image

うどんは東日本より西日本がダンゼンレベルが高い、と再認識。

 

旅先で必ず立ち寄る銘菓屋。今回は山口名物のういろうを、目についた菓子屋で購入し食べ比べ。私のなかでは「豆子郎」が上品で美味でした。きっともっとあるはず。

f:id:tomokotrip:20190503164326j:image

縁ある地元情報がいちばん!

【鹿児島めぐり】<カフェ>民藝愛の詰まったコーヒー専門店

「お茶したい!」というわたしに「絶対好きだと思う」とご案内されたカフェ。

f:id:tomokotrip:20190323000806j:image
好みどんぴしゃり!民藝を愛する空間。椅子が後ろの人とぶつかることのない(これ大事)ゆったりスペース、ゆっくり時間が流れる。

かといってカフェにありがちなかしこまった感じはなく、年配のお客様もニコニコ、お話しが弾む、憩いの場。

f:id:tomokotrip:20190323000817j:image

「これは島根の出西窯」「こちらは湯町窯です」と若いお兄さんがはにかみながら出してくれる。鹿児島名物ふくれ菓子(蒸しパン)もカップケーキになってやってくる。

お会計シートを挟んだファイルはコーヒー豆の麻袋なのも素敵。

 

このお店のロゴ、みたことがあると思ったら、盛岡の光源社のカフェのロゴだ。ということは柚木沙弥郎さんデザイン!

f:id:tomokotrip:20190323001514j:image

このお店まるごと持ち帰りたい。

完璧。時々思い出して行きたくなること間違いなし。


噂にはきいていたけれど鹿児島市内には本当に洗練された雑貨屋さんやカフェが多い。お店の人も突然話しかけられた人もみな親切、ナチュラルにホスピタリティが高い。なんでこんなに質がたかいのか、歴史的に外に常に目が向いているからか。魅力的でとても居心地がいい都市です
▪️可否館

http://coffee-kan.com/intro.html

【東海道めぐり・掛川】<おみやげ> 地元銘菓「たこまん 」

わたしは、というか女性にはいるのかなと思いますが、旅先に行くとまずその土地の銘菓屋さんを訪ね、気になるお菓子を一個買いしまくり旅の間でちょこちょこ食べ、気に入ったものをお土産にする、というプレイをします。


掛川でも朝イチで参りました。「たこまん」。静岡県民で知らない人はいないらしい。コテコテ感のネーミングとは裏腹に、上品でどれもこれも美味しそうな和菓子洋菓子が勢ぞろい。物販のみなのにテーブル&椅子がありお客さんが来たら掛川茶をささっと出してくれ、ひとまず座らせてくれるのも嬉しい。

 

この福豆大福も美味だけれど、大ヒットは「朝獲れいちご大福」。今しかとれないという遠州産の紅ほっぺは通常の2.5倍!それをその日の朝早くに摘み、その後の朝早くにお店で白餡と大福に包み、朝9時にはお店にならべているのです。なんという逸品!

f:id:tomokotrip:20190319222648j:image
もちろんその場でお茶と一緒にいただきました(ここでどうぞ食べて行ってください、という懐の深いお店)。いちごも酸味がほどよく新鮮、大福の皮も当然ふわっふわで口の中でとろける。
現地だからいただける、フレッシュで日本一贅沢ないちご大福。この味は生涯忘れられません。
その後このお店のお菓子たちを爆買いしたのはいうまでもありません、
ビバ地元で愛される各地の銘菓屋さん!

f:id:tomokotrip:20190319222936j:image

https://www.takoman.co.jp/online/

【東海道めぐり・掛川】<立ち寄り>天国のような掛川花鳥園 (前)

小田原や熱海もそうだけれど、静岡方面の駅に降り立った途端、からだもこころも安らぎ、エネルギーが補充される気分になる。東京では感じられない大きな暖かな陽の光、キラりとゆるりと光る海、偉大すぎる富士山。穏やかで自然の恵みがいっぱいで、全体がパワースポット。そんな中で暮らすひと達もこころなしか穏やか。

ことしのわたし的テーマは東海道。歴史を感じながらこの恵まれた土地をうろちょろしたいと考えています。


年が明けてからも大好きな小田原、熱海、三島あたりをぶらついていますが、気になって仕方がないところが残っていました。掛川。たいていの人はここを旅先として選ばないと思いますが、わたしには気になるところいっぱい。その最大の目的は、知るひとぞ知る、花鳥界(あるのか)では有名な「掛川花鳥園」。そこは鳥や花を愛するひとには訪れなければいけないメッカ、楽園なのです。

f:id:tomokotrip:20190319211809j:image

まずここが楽園なことのひとつは、訪れてわかったオールフリー感。籠、柵、檻といった動植物園必須の概念がほぼ皆無。

f:id:tomokotrip:20190317212029j:image

ふくろうやミミズクを籠やガラス窓なしで間近でみたことがありますか。ここでは「え、そこにいたの?」という至近距離にひっそり佇んでいるんです。最初レプリカかとおもいました。

よく見ると表情が見て取れるんです。

みんな色んな顔してるんですよ。かわいい。

f:id:tomokotrip:20190318123430j:imagef:id:tomokotrip:20190318123424j:image

こんな子たちも

f:id:tomokotrip:20190318230845j:image

目を凝らすと

f:id:tomokotrip:20190319200644j:image

芸術。全てが愛おしく感じます。ふくろうによっては木彫りの仏様に見え、自然に手を合わせていました。

f:id:tomokotrip:20190319150721j:image

理由はわからないのですが、顔パネしてるふくろうもいます(無理やり感はなし)

f:id:tomokotrip:20190319202114j:image

さらに定時に「撮影タイム」があって、200円を払えば可愛い鳥たちを自分の腕に載せることができるのです。わたしは大きなミミズクと記念撮影。

f:id:tomokotrip:20190318225550j:image

 f:id:tomokotrip:20190318225604j:image

しっかりカメラ目線。しかも時々こっちを向いてくれて目があったりするんです。その距離30センチもないのでときめきマックス、愛おしい。

f:id:tomokotrip:20190319202013j:image

(こんな感じで目が合う)

さらに撮影の後には「後ろを触っていいですよ」と飼育員さんに促され毛並みの美しさを五感で体感。

ふくろうやミミズクはノー興味でしたが、特別な存在に変わりました。ふくろうカフェなんかより(行ったことないけど)かなり贅沢。

 

この花鳥園がパラダイスなこと、もうひとつ。「あれダメこれダメめ」も皆無なこと。よくよく観察すると、スタッフ自体があんまりいません。野外にある「エミュー牧場」なんてエミューしかいませんでした。

お客さんは勝手に牧場の柵を開け、エミューと遊びます。一緒に歩いたり。叩くなとか触るなとか一切表示ないけれども、お客さんはもちろん悪さもしないから全く怪我もしない。

f:id:tomokotrip:20190318231920j:image

エミューを真ん前から見ることも。

f:id:tomokotrip:20190318232026j:image

エミューって大きなクッションの背に首をもたれるように休むんですね。効率的。

f:id:tomokotrip:20190319211439j:image

インコのコーナーでも水鳥のコーナーでもお客さんは餌をやりながら鳥を頭に腕に載せてニコニコ。f:id:tomokotrip:20190318232237j:image

こんな見たこともない水鳥も目の前をトコトコと歩いていて餌をあげたりできる。このトングのような嘴でパンパンえさを挟む姿が微笑ましい。

f:id:tomokotrip:20190318232353j:image

子供は水上をクルーズ。

f:id:tomokotrip:20190318232449j:image

フラミンゴもその辺を勝手に歩いている。

f:id:tomokotrip:20190319231235j:image

こんなパラダイス、日本にあったなんて!天国です、ただし鳥と花が好きな人に限る。

長くなりましたので私の主目的「ハシビロコウ」などについてはまた。

f:id:tomokotrip:20190319212538j:image

 

【東海道めぐり・小田原】<おみやげ>ういろうに小田原文化をみる

まちあるきをして好きな町になった小田原。なぜ今までココをすっとばして箱根や伊豆に行ってしまっていたのか。

f:id:tomokotrip:20190310231225j:image

東海道の宿場町として面影をたっぷり残しながら、粋でクスッと笑ってしまうような茶目っ気あり、すぐそこには美しい海が広がっている。東京からも近いのに安くて美味しいお魚が食べれる。小田原おでんもなんとも上品。文化もたっぷり。そんな小田原の銘菓「ういろう」にノックアウト。

f:id:tomokotrip:20190310231742j:image

ういろう、といえば名古屋や山口を思い浮かべるけれど、こちらが元祖。日本に渡り朝廷に典医として仕えていた外郎(ういろう)家の先祖が明の時代に中国から持ち帰った薬が朝廷で重宝されたそう。そのお薬のういろうを使って外国使節の接待に用いたお菓子が「ういろう」のはじまりだそうです。

f:id:tomokotrip:20190311162902j:image

本家である小田原「ういろう」のお店では受け継がれたお薬とお菓子を販売、店内では薬を調合している風景も見られます。お客様がどちらの売り場にも絶え間なく来てささっと購入する姿は、地元で馴染み深く親しまれていることが伺われます。お薬のほうは原材料が少なくなっていることもあり、ここ小田原だけで対面販売のみで行っている貴重なもの。

f:id:tomokotrip:20190311162730j:image

個人的には名古屋のういろうよりこちらのほうが断然好み。

味も食感もなんとも上品で、甘さも見事に程よく、下手したら1本まるごと食べられちゃいます。そこを抑えながらすこしずつかみしめて食べるのが至福。お茶請けに最高で夕食の後に必ず食べたくなるのが今の悩み。

 

この大きなお店の後ろには明治18年築の大きな蔵があり、ういろう家の歴史や先祖代々使われた貴重な道具があり、従来の日本人が持つ「しっかり

本人のしっかりきちんとしたものづくりをして大切に使う、というくらしをみることができます(要申込制、入館無料)

併設でカフェがあるのも、「ちょっと味わいたい」旅人にはうれしいものです。

f:id:tomokotrip:20190311162823j:image

小田原は近いこともあり、気になるお店もたくさん。これからちょくちょく遊びに行こうと思います。

f:id:tomokotrip:20190311163048j:image